HOME » 善玉ホルモン アディポネクチンとは?なんでもQ&A » 生活習慣病とアディポネクチンの関係は?

生活習慣病とアディポネクチンの関係は?

アディポネクチンの低下が生活習慣病を招く

メタボなイメージ血液中にある善玉ホルモンのアディポネクチンの分泌量が少ないと、糖尿病や高血圧、高脂血症、メタボリックシンドローム、がんなどの生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

特に、内臓脂肪症候群とも言われるメタボリックシンドロームになると、脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンの量が極端に低下してしまうのです。過剰に脂肪を蓄えた脂肪細胞は、体内でアディポネクチンを作る能力が低下してしいます。

それだけでなく、血糖値が高い状態が続き、血液中の中性脂肪が高くなったり、善玉コレステロールが低くなって、血圧が高い状態や動脈硬化を引き起こす引き金になるなど、生活習慣病になる原因が複雑に絡み合ってくるのです。

症状をそのまま放っておけば、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化といった深刻な病気になる確率を高めてしまいます。

アディポネクチンは、血糖値を調整するホルモンであるインスリンの働きをサポートすることで糖尿病を防いだり、血管を拡げて血圧を下げてくれます。さらに、脂質の分解促進にも作用することで動脈硬化を防ぐ働きもあります。

アディポネクチンは生活習慣病を防ぐバイオマーカー

アディポネクチンは、身体の状態を客観的に示す指標であるバイオマーカーとして、最近では認知されてきました。現状の健康診断などでは、コルステロール値や中性脂肪がメタボリックシンドロームかどうかの判断基準のひとつとなっています。近い将来、これらと同様に「低アディポネクチン」が着目される日も近いのではないでしょうか。

毎日の健康や長生きをするためにも、アディポネクチン値を意識していくことは大切です。アディポネクチンを増やすためには、適度な内臓脂肪量を保つこと、つまり太っている人はダイエットをするのが1番の近道。

そのためにも、偏った食事をしない、なるべくこまめに体を動かすなど、健康に良いと言われる生活を送ることが大切になってきます。とはいえ、既に生活習慣病の可能性が高い予備軍の人たちは、そういった生活を送れなかったがために、高血圧やメタボリックシンドロームになってしまったはず。

博士そういった方は、手軽に始められるサプリメントを利用するのもよいでしょう。最近では、アディポネクチンを増やすサプリメントも開発されています。医師が監修した本格的なものもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

アディポネクチンを増やすサプリメントで健康な体に>>

免責事項このサイトは、アディポネクチンに関する情報を啓蒙する目的で、管理人が独自に制作したものです。掲載しているデータや商品詳細は2016年7月時点の情報になりますので、最新情報は各社の公式HP等でご確認ください。
ページ
TOPへ