HOME » 善玉ホルモン アディポネクチンとは?なんでもQ&A » アディポネクチンが多い人とは?

アディポネクチンが多い人とは?

75歳以上の元気な長寿者はアディポネクチンが多い

夫婦イメージ長寿者にはアディポネクチンが多いことを証明する実データを探していたところ、複数の大学医学部などによる研究機関が実際に調査を行なっていることがわかりました。

ここでは、そうした中から、岐阜大学大学院医学研究科総合病態内科の研究調査によるアディポネクチンと長寿の関係を示しておきましょう。

調査は全国でも1、2を争う長寿地域である岐阜県高山市国府地区と、比較対象として同県の山県市美山地区に住む人を比べたものです。国府地区の平均寿命は男性が80.4歳、女性が85.9歳で、美山地区の人はこれより平均寿命が約3歳短いそうです。この両地域の住民のアディポネクチンを測定した結果、国府地区の人たちのアディポネクチン値は8.8μg/mlで、美山地区の人は7.2μg/mlという結果になりました。

また、慶應義塾大学医学部老年内科による調査研究でも、アディポネクチンと長寿の密接な関係性を示しています。東京都内に住む100歳以上の超高齢者と若い人の血液中のアディポネクチンの量を比較したところ、高齢者のアディポネクチンの平均値は20.3μg/mlであったのに対し、若い人の平均値は10.8μg/mlという結果になったそうです。

実に高齢者の方が約2倍も高いアディポネクチン値を示し、元気で長生きするにはアディポネクチンが関係している画期的な証明データとなりました。

アディポネクチン値が低い人はどうするべきか

ちなみに、低アディポネクチンの場合の数値は4μg/ml以下であると言われています。もし、検査結果などでこの数値を割っていたら要注意です。圧倒的に糖尿病や心筋梗塞、そしてがんのリスクが高まります。

博士ただ、現在アディポネクチン値が低いからと言って、「長生きできない…」と悲観する必要はありません。もし、低アディポネクチンであるならば、食生活を改善し、運動をとりいれて生活習慣を見直してみましょう。手軽に始めるならアディポネクチンのサプリメントを活用してみるのも有効な方法です。

長寿ホルモン「アディポネクチン」を増やすサプリメント>>

免責事項このサイトは、アディポネクチンに関する情報を啓蒙する目的で、管理人が独自に制作したものです。掲載しているデータや商品詳細は2016年7月時点の情報になりますので、最新情報は各社の公式HP等でご確認ください。
ページ
TOPへ