女性の方が数値が高い?

脂肪量が多い女性の方がアディポネクチン値が高い

おばあちゃんイメージアディポネクチンは長寿ホルモンと言われるだけあって、長生きにも関係してきます。

このことは、アディポネクチンの健康作用は、公共放送の有名な健康検証番組でも取り上げられています。

一般的にみて男性よりも女性の方が長生きなのも、実はアディポネクチンが関係していることが最近の研究でわかってきました。

女性の方が男性よりも脂肪を多く蓄えているのは、説明するまでもありませんね。つまりその分、アディポネクチンの分泌量も多くなり、長生きに結びつくのです。

内臓脂肪から長生きホルモンのアディポネクチンが分泌されるわけですが、この内臓脂肪が多いと、間を流れる血管を押しつぶして血液の循環が悪くなって、酸素不足に陥り、アディポネクチンが出なくなってしまいます。

これは性別に関わらず、男女ともに同じようです。ですから内臓脂肪の量を適切に、つまり標準体型を維持することが大切。脂肪の間を巡っている血管の通りを良くすれば、アディポネクチンは自然と分泌されるのです。

メタボチェックはウエストサイズで見極めましょう

わざわざ健康診断をしなくてもメタボリックシンドロームのチェックはできます。それは、ウエストサイズを測ること。

日本の判定基準では男性が85cm以上、女性が90cm以上をメタボと認定していますが、これには少し問題もあります。男性の場合は健康診断などでかなり多くの人が該当しますが、女性の場合は少数しか該当しないため、医師によっては女性は早い段階から注意が必要という見解もあるのです。

メタボは生活習慣病ですから、その数値に達してから対策を講じればよいというものではありません。早い段階から予防するようにしましょう。実際、ウエスト90cmを超えた女性は既に生活習慣病を発症している人も少なくないです。

現状では女性のウエストが78cmを超えてくるのを境にしてアディポネクチンが平均以下になるというデータがあります。できれば80cm以下に抑えるようにして、内臓脂肪には気をつけていきましょう。

博士内臓脂肪を減らしアディポネクチンを増やすためには、食生活を改めたり、ウォーキングやジョギングを始めたりと、生活習慣の見直しで改善できます。

とはいえ、いつもの生活を大きく変えるのは難しいもの。最近では、医師が監修したアディポネクチンを増やすサプリメントも登場しているので、これらを有効活用するのもおすすめです。

アディポネクチンを増やすサプリメントをチェックする>>

免責事項このサイトは、アディポネクチンに関する情報を啓蒙する目的で、管理人が独自に制作したものです。掲載しているデータや商品詳細は2016年7月時点の情報になりますので、最新情報は各社の公式HP等でご確認ください。
ページ
TOPへ