HOME » 善玉ホルモン アディポネクチンとは?なんでもQ&A » 善玉コレステロールも増える?

善玉コレステロールも増える?

病気にならないためには、コレステロールバランスが大切

善玉・悪玉コレステロールのイメージに見せた紙風船コレステロールには善玉と悪玉があります。どうしても悪玉と名前が付くことからもイメージが悪くなりがちですが、体の中で大切な役割をきちんと担っています。

悪玉コレステロールは肝臓で生成され、血管を通して全身に運ばれます。それが細胞やホルモンの材料となるのです。

一方、善玉コレステロールは、細胞やホルモンの材料として使われずに回収され、全身から肝臓に戻るホルモンです。この善玉コレステロールが少ない状態だと、回収されない悪玉コレステロールが血管内に残ることにもなって、動脈硬化などの原因となってしまうのです。

悪玉コレステロール値が高い人よりも、善玉コレステロール値が低すぎる人が様々な病気を患ってしまうのもそのような理由からです。

コレステロールバランスをチェックする方法

コレステロールからみて体を健康に保つためには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)のバランスを整えることが大切。健康診断の結果をみて、悪玉コレステロール値ばかりを気にするのではなく、両者のバランスをチェックしてみください。

このバランスはLH比というもので表せます。これは悪玉コレステロール(LDL)が善玉コレステロール(HDL)の何倍あるかを表した数値です。計算式は以下の通り。血液検査の結果をみて計算してみましょう。

LH比=悪玉コレステロール(LDL)÷善玉コレステロール(HDL)

LH比のバランスでは2.0以下が正常で、2.0以上だと動脈硬化を起こしやすく、2.5以上だと心筋梗塞などのリスクが高まってしまいます。

LH比を正常な数値にするためには、悪玉コレステロール(LDL)を下げ、善玉コレステロール(HDL)を上げること。

もし、善玉コレステロールが低い場合は要注意。心臓血管の病気に善玉コレステロールが深く関わっているからです。

善玉コレステロールは、血管が壊れてきたときに修復してくれる作用があり、善玉コレステロールが低いと心筋梗塞起こしたり脳梗塞を起こしたりしてしまいます。

この善玉コレステロールを増やしLH比バランスを整えるためには、中性脂肪を増やさないことがポイント。血液中の中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減ってしまうからです。

善玉コレステロールを増やす食べ物

テレビの人気健康番組では、善玉コレステロールを増やす食べ物として、アオサが取り上げられていました。アオサは海藻の一種でマグネシウムをたっぷり含んでおり、超善玉ホルモンと言われるアディポネクチンを増やしてくれるのだとか。

マグネシウムが豊富な海藻の中でも、圧倒的な量を含有するアオサは、アディポネクチンを増やし善玉コレステロールを増やすのにぴったりの食材なのです。

ちなみにアディポネクチンは、肝臓でおこなわれている善玉コレステロールの合成に大きく関わっています。また、アディポネクチンは筋肉に働きかけて脂肪燃焼を促し、善玉コレステロールをアップさせるため、運動と同様の効果が得られるそう。

博士善玉コレステロールを増やす食材としては、アオサのほか、シイタケやトマトもおすすめとのこと。健康のためにも、善玉コレステロールやアディポネクチンを増やす食事を心がけたいですね。

最近では、研究が進みアディポネクチンを増やすサプリメントも登場しているので、普段の食事だけでは補えない栄養分をサプリメントでカバーするのも有効です。

アディポネクチンを増やすサプリメント>>

免責事項このサイトは、アディポネクチンに関する情報を啓蒙する目的で、管理人が独自に制作したものです。掲載しているデータや商品詳細は2016年7月時点の情報になりますので、最新情報は各社の公式HP等でご確認ください。
ページ
TOPへ