HOME » 長寿ホルモン「アディポネクチン」のすごい作用 » メタボリックシンドロームの予防・改善

メタボリックシンドロームの予防・改善

メタボリックシンドロームとアディポネクチン

中高年の男女を中心に男性の2人に1人、女性の5人に1人の割合でいるとされるメタボリックシンドローム。現代人にとっては結構深刻な問題です。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪が極端に増えた状態

日本肥満学会の定義によると、腹囲が男性85cm、女性90cm以上の場合を条件として

  1. 血圧の上が135mmHg以上、下が85mmHg以上のいずれか、もしくは両方
  2. 中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLc40mg/dl未満のいずれか、もしくは両方
  3. 空腹時の血糖値が110mg/dl以上

上記の3つの項目のうち、2つ以上が該当する状態を言います。

アディポネクチンの働き(メタボリックシンドロームの予防・改善)内臓脂肪が増えるとインスリンの効きが悪くなって高血糖や高血圧に、血液中の中性脂肪が高くなり、善玉コレステロールが低い高脂血症になってしまい、動脈硬化の引き金にもなりかねません。

さらに、増えすぎた内臓脂肪のせいでアディポネクチンは低下してしまいます。ということは、逆説的にメタボリックシンドロームを解消して内臓脂肪を減らしていけば、自然とアディポネクチンが増えるのです。その結果、高血糖や高血圧、高脂血症などの生活習慣病すべてにおいて状態が改善されるでしょう。

メタボ改善の近道はアディポネクチン値を上げること

最近のメタボリックシンドローム診断で、アディポネクチンが活用されるようになっていることからも、お互いが密接な関係であることがわかります。アディポネクチンが低下すると、メタボリックシンドロームになってしまいます。つまり、メタボの根本問題は、低アディポネクチン症であると言われています。

ですから、メタボリックシンドロームの条件を満たしていなくても、アディポネクチンの値が低いという診断結果がでたら、積極的に生活習慣の改善やアディポネクチンを増加させるサプリを活用して、生活習慣病の予防を始めるべきだと、本サイトでは警告しておきましょう。

ちなみに、現在の体重から5%減らすだけで、メタボリックシンドロームは随分改善されるものです。もし、減量途中でアディポネクチンの値を測定する機会があれば、ぜひ行ってみてください。体重が減るのに呼応するかのように、アディポネクチン値が高くなることがハッキリとわかりますから。

博士また、アディポネクチンには脂肪燃焼作用もあるという研究結果も出ていますので、食事や運動でアディポネクチンを増やす努力をしましょう。

最近では、アディポネクチン研究が進み、医師監修のサプリメントでアディポネクチンを増やす方法もあります。生活習慣を変えるのが難しい人は、手軽に始められるサプリを活用するのもおすすめです。

免責事項このサイトは、アディポネクチンに関する情報を啓蒙する目的で、管理人が独自に制作したものです。掲載しているデータや商品詳細は2016年7月時点の情報になりますので、最新情報は各社の公式HP等でご確認ください。
ページ
TOPへ