高血圧の予防・改善

アディポネクチンが高血圧を予防・改善

アディポネクチンの働き(高血圧の予防・改善)高血圧とは、その名の通り、高い血圧の状態が続くことで、血管や臓器に障害を及ぼしてしまいます。高血圧自体を病気というかどうか、専門的なことはここでは端においておきますが、高血圧を放っておくと、動脈硬化の症状が現れ、やがては脳卒中や心筋梗塞、腎臓病の引き金となってしまうのです。

実は、高血圧にもアディポネクチンが関係していることが最近の研究でわかってきました。高血糖の人は一般的に血圧が高い場合が多いようです。これはインスリンの働きが悪くなり、塩分といったナトリウムが体外へ排出されなくなるからです。

アディポネクチンの値が大きくなれば、腎臓のナトリウムを排出する働きが活性化されるので、必然的に血圧を下げてくれます。

また、アディポネクチンには血管を拡げる作用もあり、血液の循環を高める効果も確認されています。つまり、血液が血管の中を通りやすくなれば、心臓から血液を送り出す際に必要な血圧の値を下げてくれることになり、結果として高血圧予防になるのです。

さらに詳しく調べてみると、塩分の摂り過ぎとは関係がない高血圧をコントロールできる作用もあることがわかっています。

サプリメントでアディポネクチンの分泌を促進

高血圧と診断された人の血中濃度を測ると、アディポネクチン値が低いそうです。このことからも、アディポネクチンは、血圧をコントロールし高血圧を予防する効果があると考えられます。

博士アディポネクチンは、運動や食事で増やすことができますが、毎日続けるのはちょっと大変ですよね。一般的にアディポネクチンの増加を促す食品は、アオサなどの海藻類、キウイフルーツやにんじん、オクラ、豆乳などがあげられます。アディポネクチンの低下を抑える食材としては生姜です。

最近では、シークワーサ―に含まれるノビレチン亜麻仁油に含まれるαリノレン酸(オメガ3系脂肪酸)も、アディポネクチンの増加を促進する成分として注目されています。ただ、これらの食材を上手く組み合わせて摂取するのは結構大変です。そんな時は、手軽に摂取できるサプリメントを有効活用するのもおすすめです。

有効成分を配合したアディポネクチンサプリを紹介!>

免責事項このサイトは、アディポネクチンに関する情報を啓蒙する目的で、管理人が独自に制作したものです。掲載しているデータや商品詳細は2016年7月時点の情報になりますので、最新情報は各社の公式HP等でご確認ください。
ページ
TOPへ