高脂血症の予防・改善

アディポネクチンで高脂血症を予防・改善

血液中に中性脂肪やコレステロールが増加した状態を指す高脂血症もまた生活習慣病のひとつとして、毎日の生活において注意しなければいけません。

とはいうものの、なかなか食生活の改善などで予防することが難しいため、血液中に中性脂肪がたまって高脂血症になってしまうのですね。とにかく健康診断で中性脂肪やコレステロール値に高い結果がでたら要注意です。

アディポネクチンの働き(高脂血症の予防・改善)アディポネクチンは、高脂血症対策にも有効。というのも、筋肉や肝臓に働きかけて代謝を活性化して、脂肪酸を燃焼させてエネルギーにかえていく働きがあるからです。

脂肪酸というのは、血液中にある中性脂肪が原料になっているので、これを減らすことで中性脂肪が多い状態を改善できるというわけ。

さらに、中性脂肪の値が低下すると、悪玉コレステロールが少なくなり、善玉コレステロールが増えていきます。体内にアディポネクチンが少ない状態の人は、総じて中性脂肪が多く、善玉コレステロールが少ないという結果が、医学実験データでも検証されているようです。

高脂血症で処方される薬でも、主に中性脂肪を下げるフィブラート系のものは、結果的にアディポネクチンを上げる作用があることがわかっているようです。中性脂肪が高くてアディポネクチンが低い人には有効な薬であると言われています。

高脂血症対策にアディポネクチンサプリ

アディポネクチンを増加させる食材として、トマトなどの緑黄色野菜やキウイフルーツといった果物、青魚のDHA、マメ類などがその代表格として挙げられます。さらに最新の研究結果では、シークワーサ―に含まれるノビレチン亜麻仁油に含まれるαリノレン酸(オメガ3系脂肪酸)も、アディポネクチンの増加に効果があると注目されています。高脂血症を予防するのは、やはり食生活改善と同時に、生活習慣を見直していく必要があるのです。

博士しかしながら、生活習慣や食生活を改善していくのは、なかなか大変ですよね。最近では、アディポネクチンを効率的に増やせるサプリメントも登場しているので、これらを上手に活用するのもおすすめです。

ただし、アディポネクチンにまつわる商品の中には、その目新しさを利用しただけの商品も。どんな原材料がどれぐらい使われているか、商品の開発にはどんな人が携わっているのかなど、理由や根拠が明確なサプリメントを選ぶようにしましょう。

免責事項このサイトは、アディポネクチンに関する情報を啓蒙する目的で、管理人が独自に制作したものです。掲載しているデータや商品詳細は2016年7月時点の情報になりますので、最新情報は各社の公式HP等でご確認ください。
ページ
TOPへ